ぐらわずLOL日記

LeagueofLegendsプレイヤーの「ぐらわず」がLOLの関心ごとについて語る雑記ブログです

マスターイーの「致命的バグ」が解消され、大キャリー時代再来 Patch9.21_(2019/10/23)

2019/10/23のパッチ9.21感想まとめ

パッチノート 9.21 | League of Legends

 

今日はにまとめました!以下、簡単に感想

 

f:id:GrandWazir:20191024053353p:plain "マスターイー" バグ解消でDPSが急上昇

f:id:GrandWazir:20191009053339p:plain "シャコ" ボックスが大ナーフですぐ消えるように

f:id:GrandWazir:20191024053956p:plain "ワーウィック" 序盤~終盤で強さ底上げ

f:id:GrandWazir:20191024053922p:plain "パイク" 終盤の回復量が激減

・新スキン5点!「魅惑の魔女ミス・フォーチュン」

 

 

 

f:id:GrandWazir:20191024053353p:plain "マスターイー" バグ解消でDPSが急上昇

f:id:GrandWazir:20191024055034p:plain

バグが解消され、グインソーを積んだ際のパッシブ回転率が上がりました。

マスターイーのパッシブはAA数回ごとに2回分のAAを繰り出すというもので、AAしている様子を音でわかりやすく説明すると

カン・カン・カカン!・カン・カン・カカン!・カン・カン・カカン!

(カンがAA1回、カカンがAA2回)

といった具合で、3回に1回ダブルストライクが発動します

これにグインソー最大スタック時の効果が乗ると

カン・カカン!・カン・カカン!・カン・カカン!

といった具合に、2回に1回ダブルストライクが発動します

しかし、以前のマスターイーの仕様変更時?にバグでグインソーを積んでもAA回数が増加しなくなってしまいました

今回のバグ解消でグインソーを積んだときのAA回数がちゃんと増えるようになりましたので、グインソービルド時のDPSが増加します

また、マスターイーはAA1回ごとにQのCDが1秒解消する効果がありAAの回数増加はQの回転率増加にも繋がりますので、キャリー力がぐっと増したと言えるでしょう。

マスターイーのパッシブとの相性の良さで採用率の高かったグインソービルド。今後はマスターイーのピック率・勝率がある程度上がるだろうと思われます

 

 

f:id:GrandWazir:20191009053339p:plain "シャコ" ボックスが大ナーフですぐ消えるように

f:id:GrandWazir:20191024061638p:plain

シャコのボックス持続時間が60秒→40秒になりました。

以前のプチリワークでかなり強化されたシャコですが、特にボックスの性能が高いため、ジャングリングが楽かつAPシャコが強い状況でした。

しかしボックスの持続時間削減により、中立ミニオンが沸く1:30前に置けるボックスの数が4個→3個に減りました

また、レーン運用のAPシャコはボックスがダメージ源であり強力なCCである要のスキルであるため、ジャングルのADシャコと比較してかなりの弱体化であると言えるでしょう。

ですので、ジャングルでADシャコをやる分にはそこまで大きな影響はありませんが、今後APシャコをプレイするのは難しいと思われます

 

 

f:id:GrandWazir:20191024053956p:plain "ワーウィック" 序盤~終盤で強さ底上げ

f:id:GrandWazir:20191024062448p:plain

Qが高レベルで強化され、Wが低レベルで強化されました。

Wは相手のHPが半分以下の時にASがかなり増加するスキルであり、タイマン性能をかなり上げるスキルでした。

今までWをあげていたプレイヤーが多かったようですが、今後はWが低レベルでも十分強いため、代わりにQを上げられるようになります。

さらにQの性能も強化されているため、序盤から終盤にかけて全体的に強化されたな、という印象を受けました。

今後は状況に合わせてQ上げ・W上げの選択があると思います。

 

 

f:id:GrandWazir:20191024053922p:plain "パイク" 終盤の回復量が激減

f:id:GrandWazir:20191024064218p:plain

基本HPが減りパッシブによるダメージの回復量が最大80%→50%になりました。

パイクと言えば、致命傷を与えても倒しきらない限りすぐHPが元通りになるイメージでした。かなり回復量が減ったため、今後はしっかりダメージを叩き込めばホームに帰らせることができます

Rで一気に賞金を稼ぐことで嫌われるパイクですがその分のリスクはとらせたな、という印象です。やりすぎな気がしないでもないですが。

 

 

・新スキン5点!「魅惑の魔女ミス・フォーチュン」

新スキンは「魔女の大釜ブリッツクランク」、「魅惑の魔女ミス・フォーチュン」、「魅惑の魔女ミス・フォーチュン プレステージエディション」、「カサディン伯爵」、「アニーバーサリー」

f:id:GrandWazir:20191024065056j:plain

f:id:GrandWazir:20191024065114j:plain

f:id:GrandWazir:20191024065131j:plain

f:id:GrandWazir:20191024065145j:plain

f:id:GrandWazir:20191024065159j:plain 

 

 

総評:特別大きな変更もなかったかな、という印象です。日の目を浴びていないチャンプにちょっとずつ微バフをかけている感じがします。

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。

 

LOL界隈で大流行のダイアナ3rwqe問題とは?マクロってダメなの?【簡単解説・感想】

日本鯖ダイアナ使いの高レートプレイヤーとして知られている「DianyA JP(ダイアニャ)」さんが、マクロを使用していた疑惑が持ち上がり、LOL界隈が盛り上がっています。

f:id:GrandWazir:20191012120016j:plain

なぜそんなに盛り上がっているのか?

このページでは、発覚の経緯や問題点について簡単に紹介します。

 

①発覚の経緯について

②実際、マクロ使ってるの?

③マクロ使うといいことあるの?

④マクロってそもそもダメなの?

⑤盛り上がったのはなぜ?

⑥実は炎上芸だった?

 

①発覚の経緯について

火種が大きく燃え上がる要因となったのは、滝沢ガレンさんによるツイート

こちらの一連のツイート内容を読んでいただければ経緯については全てわかると思います。

 

火種の元となったのは、ダイアニャさんが配信してる時の一幕でした

ダイアニャさんが複数所持しているサブアカウントのうち1つの名前を変更する際に、「3」と打ったところ「3rwqe」と自動入力されたのです

これはダイアナのスキルコンボである「rwqe」を、「3」を押すことで高速で自動入力させるマクロなのではないか、という声があがり、疑惑の目を向けられます。

 

その後、ダイアニャさんは配信で「マクロではない」と表明し、実際に手元を画面に映しながらゲームをプレイしてみるのですが、手入力による「rwqe」コンボはかなり低い成功率でした。

また、「rwqe」が自動で入力された件については、キーボードに手が触れて勝手に入力されただけだ、と述べるのみでその後はその話題に触れることはありませんでした。

 

結局、ご本人はマクロを使っていないと言い張り、リスナーは納得しないまま配信を終えてしまいました

 

②実際、マクロ使ってるの?

現時点で真偽は定かではありませんが、マクロ疑惑の動画内容やその後の釈明からしほぼ間違いなくマクロを利用していると考えていいでしょう

(右手で音も無く高速でrwqeを入力することは、普通はできません。)

 

そして重要なのはダイアナのスキルコンボ「rwqe」が非常に難しいことです

1度でも練習したことがある方はわかると思いますが、自分のような一般プレイヤーが練習しても数十回に1回成功するのが関の山。

ラクティスはもちろん、実戦で成功させるのは歴戦のダイアナ使い・プロでさえ難しいと言う方もいます。

(ダイアニャさん本人でさえ手元を映しながらの練習で数回に1度しか成功させていないことから明らかかと思います。これについて、ダイアニャさんは直近のパッチ変更による影響と語っていました。)

それを実戦で成功させようと思えば成功させてしまっていたのがダイアニャさんですから、以前から付いて回っていたマクロの疑惑が確信に変わっていった感じでしょうか

 

③マクロ使うといいことあるの?

2番で述べたとおり、非常に難しいコンボである「rwqe」ですが、難しいだけに強みがあります。

それは、普通のコンボと違い、相手に反応させる間がないほど瞬時にコンボを叩き込めることです

ダイアナは通常、「Q→R」の順にスキルを発動させるため「Qを打つ間」があるのですが、「rwqe」コンボでは「R→Q」の順に打っているため、間が全く無いまま瞬時に敵との距離を詰められます。

(正確には、「Rを残した状態で瞬時にコンボを叩き込める」こと。ダイアナはQ→Rの順でRのCDが解消するが、R→Qの順でも高速入力・最大射程であればRのCDを解消できる。)

ダイアナの攻撃に反応して砂時計やフラッシュ、その他ブリンクスキル等を使えるはずのコンマ数秒を奪って一方的にコンボを叩き込めるのです。

マクロ無しではほぼ使えないであろうこのコンボですが、もし自由に使えたとすれば活躍できるチャンスはぐっと増えるでしょう

 

ただ勘違いしてはいけないのですが、もちろんこの技ひとつでレートが爆上がりするわけでは全く無いため、疑惑が真実だったとして、ダイアニャさんがマクロ無しでもかなりの実力を持つことは間違いないと思います

 

④マクロってそもそもダメなの?

マクロ使用は公式で否定されており、スクリプティングというチート行為として処罰対象です。以下ページの「スクリプティング」の項にまとめられています。

/dev:LoLからチーターを追放 – Nexus

(特定のキー入力に対する反応を自分で行わず外部プログラムを使って行うもので、超人的なプレイを可能にするもの、とあります。カッコ内表記で、コンボを含むという記載もあり、今回の件に合致します。)

 

また、過去、ボードに記載されている通り、「外部ツールを使用して他のプレイヤーより有利に戦うこと」はチート行為として処罰対象になります。

Riot Japanで行われているチート対策について

 

特に今回の場合は、ある程度リターンがあり非常に難しいコンボがマクロにより成功率が大きく上がるため、疑惑が真実であれば十分処罰対象になると考えられます

今回の件で、公式にマクロの不正利用だと認められればそれなりの処置がされるでしょう

 

(過去のマクロ使用者に対する対応などからマクロ使用はグレーではないか?という意見も見られます。おそらくマクロの影響度や発見のしやすさ、数の多さなどからきちんと対応がとられなかったものがあったんだろうと予測しますが、上記の通り今回の場合はある程度リターンの大きいプレイが、マクロの有無で成功率が大きく変わってしまうため、処罰の程度はわかりませんが、何かしらの対応はとるのではないかなと考えています。また、個人的な考えですが、どんなマクロにせよそのマクロによって少しでもプレイの成功率が上がるなら、たとえ成功率が99%から100%に上がるだけだとしても、それは不正なプレイであるとして規制すべきではないかなと思います。)

 

⑤盛り上がったのはなぜ?

盛り上がった要因はいくつか考えられますが、3点にまとめました。

1.発覚した状況が単に面白すぎた

「3」をタイピングしたら「3rwqe」が出てくるという状況が、隠し続けたマクロ使用がバレる瞬間としてはあまりに間抜けた感じがするため、単に面白がっている、というのが大勢だと思います。

ツイッターでも「3」という数字にかこつけて無理やり「3rwqe」という単語をねじ込むツイートが目立っているように感じます。

 

2.普段から他人を煽るような言動が目立っており、ヘイトを買っていた

ダイアニャさんといえば日本一のダイアナ使いを自称していることで有名です自身の実力や知名度に対する自己評価の高さが言動から強く読み取れるため、それを嫌う人が多くいる印象でした。

また、配信中に対戦相手や味方を罵る発言がいくつかみられるほか、有名配信者であるスタンミジャパンさんとの対戦を双方の視点から切り抜き、動画としてツイッターにアップロードする行為について、「煽り行為」や「売名行為」ととられたのか一部から不評を買っていたようです。

こういった、元からダイアニャさんを快く思わない方々が多数おり、炎上に便乗しているように感じました

 

3.以前からマクロは使っていないと声高に主張していた

過去にマクロ利用について疑惑が持ち上がった際には、手元を映しながらのプレイ動画を撮影するなどして、疑惑解消のため積極的に活動していましたそれが今回の炎上騒動により評価がひっくり返る事態になってしまったため、より騒動が過熱しているものと思われます。

 

 ⑥実は炎上芸だった?

 炎上騒動から1日が経過した後、ダイアニャさんは自身のツイッター上で今回の炎上騒動が狙ったものであることを発表しています

ツイッターの記載によると、目的はTwitchパートナーになるための人集めであり、「3rwqe」と入力するマクロは炎上目的でその場限りのものを作成し動作させていたそうです

記載している通りであれば、想定どおり炎上騒動で人集めはできているため、ご本人としてはひと段落というところでしょうか。

ただ、第三者視点から言うと、最初から仕組んでいたにしては発覚までの流れが自然であったり、マクロ無しでコンボを成功させたプレイを見せられていないなど、不信感がぬぐえません

ツイッターの記載内容からは、最初から仕組んでいたようにもとれますが、苦し紛れの言い訳ともとれます。

この内容では、「マクロ利用がバレたが、体裁を保つために無理な言い訳をしている」と捉えられてもおかしくないと思います。

とはいえ結局のところ、三者視点からはマクロを使用していたかどうかの検証が難しく、我々の目だけでマクロ利用の真偽は断定できない、ということになりそうです。

マクロの不正利用が真実であればRIOTからのお咎めがあると思いますので、その結果が出るまで事態は進展しないでしょう。炎上騒動はここで一区切りついたと言っていいかもしれません

 

追記:RIOTによると、今回の件でどのアカウントにどのような処罰が与えられるかといった詳細は明かすことができないそうです。実際にマクロ使用で処罰があってもダイアニャさん本人が何もなかったと言ってしまえばそれまでですから、我々にはこれ以上どうすることもできません。

f:id:GrandWazir:20191031005946p:plain

関係ないかもしれませんが、いつもやっていたLOLのランク配信はしばらくお休みするそうです。(もしやと思い、直近の配信で使用していたアカウントである「末期末造」、「魔力の奔雷」をOPGGで確認したところ、該当のアカウントが見れなくなっています。BANされたか、自主的に削除したか、名前を変更したかのいずれかですが、これも本人が本当のことを言わない限り真実はわかりません。)

なんにせよ、マクロ使用が真実なら何かしらお咎めがあったはずですから、そっとしておくのがよいでしょう。

 

 

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。

ガレンのビルドは「握撃黒斧→トリフォ征服者」!? 感想Patch9.20_(2019/10/9)

2019/10/9のパッチ9.20感想まとめ

パッチノート 9.20 | League of Legends

 

今日はにまとめました!以下、簡単に感想

 

f:id:GrandWazir:20191009052942p:plain "ガレン" プチリワークE回転に征服者が適用

f:id:GrandWazir:20191009053339p:plain "シャコ" プチリワーク→ボックスがAOEに

f:id:GrandWazir:20191009053429p:plain "ビクター" W進化でクリセプ要らずに

f:id:GrandWazir:20191009053604p:plain "ブリッツ" 劇的にやわらかくなる

・新スキン3点!「荒野のアッシュ」

 

 

 

f:id:GrandWazir:20191009052942p:plain "ガレン" プチリワークE回転に征服者が適用

(非常にパッチノートの内容が長いので画像省略)

プチリワークにより変更点が多いのですが、簡単にまとめると以下5点になります。

1.ASとの相性が良くなった

ASを積むとEの回転数が上がります20%につき1回転増えます

初期は7回転ですが、レベル増加によるAS上昇によりASを積まなくても最終的には3回転増加し、10回転になると思われます。

また、レベルアップごとのAS増加がかなり上がったため、今までよりもずっと素のASが速くなります

 

2.征服者との相性が良くなった

E回転に征服者が乗るようになりました。変更点1のAS増加による回転数アップも考慮すると、AS+征服者というビルドの相性がかなり良いと思われます

 

3.Wがダメージ低減からシールドになった

Wを発動して0.75秒の間、30%のダメージ低減の代わりに最大HP10%分のシールドを付与します。また、パッシブの増加防御力が最大50→30に減少した代わりに、発動時0.75秒の行動妨害耐性が30%→60%に増加しました。

パッシブの強さが発動時の強さに移行したため、今までよりもW発動タイミングが重要かつ存在感が大きくなります

 

4.パッシブの回復が序盤寄りの性能になった

以前はレベル10前とレベル11後で性能が急上昇していたのですが、これからはレベル1増加ごとに性能がなだらかに上昇します

これにより、序盤の回復量は以前より増えますが、パッシブ発動までの時間が長い+低体力時の回復増加が削除により中盤以降のありがたみが減りました

 

5.タイマン性能が落ち、集団戦寄りになった

E回転のダメージが、単体に当てるとダメージ33%増加→25%増加に減少しました。その代わり、複数体に当てた場合、近距離の敵に対しても25%増加するため、集団戦でのダメージの出方が大きく変わります

これによりタイマン時の性能は少し落ちますが、集団戦時の存在感は増します

 

変更点は以上です

トップでよく使用されていた「握撃+黒斧」ビルドはパワー据え置きでそこまで大きく変わりませんが、「征服者+トリフォ」ビルドという別の強力な選択肢が増えたという印象です。

これまでのバランスを大きく崩さず、AS征服者というビルドの選択肢を増やした感じがします。

ただ、元々トリニティフォースとは相性が良かったため、今回の変更でこれまで以上に力を発揮してしまい、OPレベルの結果を出してしまうのではないかと危惧してしまいます

 

今後は征服者を持って高速回転するガレンを見る機会が増えると思います

どれほどのパワーを持つか、どんなビルドが流行るか、今後も注視していきたいところです。

 

f:id:GrandWazir:20191009053339p:plain "シャコ" プチリワーク→ボックスがAOEに

(非常にパッチノートの内容が長いので画像省略)

プチリワークにより変更点が多いのですが、簡単にまとめると以下4点になります。

1.Wのビックリ箱がAOEになりました。

範囲内の敵全てにダメージを与えるチャンピオン以外に2秒フィアーをかけます

かなりファームが楽になりそうです。また、APビルドにした際のパワーがかなり増加したと思います。

 

2.Qのステルス時間がレベル1で1.5秒→2.5秒になりました。

序盤はステルス時間の問題でQを上げる選択肢が多数だったと思いますが、序盤のスキル上げの順番に幅を持たせた形になります

 

3.序盤のダメージが増加しました。

パッシブ+Q基礎ダメージ増加+E基礎ダメージ増加が組み合わさり、序盤のダメージが増加しています。特にQから背後を突いた際のダメージがかなり増加していると思います。

 

4.R分身から出るビックリ箱3つが即時発動します。

今までは分身が破壊され、ビックリ箱が出現して2秒後に発動(Wと同様の仕様)していましたが、今後は即時発動になります。タイムラグが無いため、決まりやすくなり強力だと思います。相手に分身と本体の見極めをより強いることになりそうです。

 

変更点は以上です

序盤のダメージが伸び、シャコの運用がしやすくなったと思います。特に、Q上げをせずともステルス時間がある程度確保されている点がかなり良い強化ポイントになりそうです。また、ビックリ箱のAOE化と、R分身破壊後ボックスの即時発動は魔力ビルドをする際にかなり効果が大きそうですRの変更はかなり強烈な強化ポイントだと思います

今までよりも魔力ビルドの選択肢がとられる場面が増えると思います

序盤のパワーが上がっているため、今まで以上に序盤のガンクに気をつける必要がありそうです

 

f:id:GrandWazir:20191009053429p:plain "ビクター" W進化でクリセプ要らずに

f:id:GrandWazir:20191009075157p:plain

W進化で、スキルを当てた際にクリセプと同じレベルのスロウが付きます。

今までのW進化は、Wのスタン時に敵を中央に引きずり込むというもので、地味な強化でした。今回の変更によりW進化がスロウが付くことになり、W進化の評価がかなり上がると思います

元々クリセプと相性が良く、徒歩勢のビクターにとってスキルにスロウが付くことは追い・逃げの両面で効果が大きいです

ただ、Rの定期ダメージではスロウは付きません

 

Rが壁を抜けるようになり、R進化で移動速度が上昇しました。

壁を利用して逃げにくくなりました。また、速度上昇により逃げる際の余裕がかなり減ったと思います。徒歩勢の敵にとってはかなり手痛いスキルになったと思います。

 

どちらもビクターにとってはかなりうれしい強化です。現状ではあまり見ないチャンピオンですが、今後はピック率・勝率ともに上がってきそうな印象です。

 

f:id:GrandWazir:20191009053604p:plain "ブリッツ" 劇的にやわらかくなる

f:id:GrandWazir:20191009090108p:plain

前回射程が100伸びたことにより、ピック率・勝率ともにかなり高かったブリッツ

バフの方向性は変えず弱体化するということで、射程は据え置きのまま防御力がかなり下げられました

今後は射程を活かして距離をとって戦い、被弾をできるだけ避ける必要がありそうです。

 

・新スキン3点!「荒野のアッシュ」

新スキンは「荒野のアッシュ」、「荒野のダリウス」、「荒野のヘカリム」

f:id:GrandWazir:20191009090705j:plain

f:id:GrandWazir:20191009090724j:plain

f:id:GrandWazir:20191009090739j:plain

 

 

総評:ガレン・シャコに大きめな変更がありました。色々試したくなるような面白い変更だと思います。OP扱いにされてもおかしくない内容なので注視していきたいです。

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。

 

今パッチからフィオラのタワー折りが異常に速くなります 感想Patch9.19_(2019/9/25)

2019/9/25のパッチ9.19感想まとめ

パッチノート 9.19 | League of Legends

 

今日はにまとめました!以下、簡単に感想

 

f:id:GrandWazir:20190925085711p:plain "フィオラ" タワー折りが異常に速くなる

f:id:GrandWazir:20190925090138p:plain "セジュアニ" 度重なるナーフで使用不能

f:id:GrandWazir:20190925090425p:plain "オーン" アイテム強化が12レベルで可能に

f:id:GrandWazir:20190925091047p:plain "サイラス" 息の根を止められる

その他の変更点について

⑥新スキン6点!「王者ライズ」

 

 

 

f:id:GrandWazir:20190925085711p:plain "フィオラ" タワー折りが異常に速くなる

f:id:GrandWazir:20190925091918p:plain

Qがタワーに入るようになりました

また、Eの2回目がタワーに追加ダメージを与えます

フィオラと言えば終盤が非常に強く、タイマン性能が高いため、スプリットプッシュでガンガン押してくるチャンプです。タワー折りの速さが強さに直結するチャンプだと思います

今回の調整はレーンで勝利した際にタワー折りの速さでアドバンテージを広げられるということでしょうが、終盤のタワー折りもこれまでの比じゃない速さになってしまう気がします

ただでさえ終盤止めるのに苦労するフィオラが、これからは一層目を離せない存在になりそうです。

 

f:id:GrandWazir:20190925090138p:plain "セジュアニ" 度重なるナーフで使用不能

f:id:GrandWazir:20190925092758p:plain

中盤・終盤のダメージが大幅に低下しました
前回は序盤の硬さを大幅ナーフされましたが、今度は終盤のダメージが低下します。

前回は序盤のナーフ、今回は中盤・終盤のナーフということで強みが全体的にがた落ちしてしまいました

元々勝率49%のチャンピオンだったセジュアニですが、前回パッチでは勝率47%に落ちました。そこへ今回のナーフが入ったことでどれほど勝率が下がるか見ものですね。

今回のナーフによりただでさえ低かったソロQでの勝率が地の底に落ちることでしょう

もはやソロQにおいてセジュアニを使うことがチームメイトへの配慮でためらわれるレベルです

いくらプロ向けの調整とはいえ残念です。

 

f:id:GrandWazir:20190925090425p:plain "オーン" アイテム強化が12レベルで可能に

f:id:GrandWazir:20190925093601p:plain

今後はレベル12でアイテムを強化できます

オーンといえばレベルアップごとにチームのアイテムを強化できるため、終盤になるほど強みが増すチャンピオンです

特に最初の強化では自分のアイテムを2つアップグレードできるため、かなりパワーが上がるポイントになりますそれが1レベル早まることはかなりのバフといえるでしょう

あと、単純にアイテム強化が楽しいので、それが12レベルの段階で楽しめるのはうれしいですね。

オーンの最初のアイテム強化がどのレベルになるのかは使う上でも使われる上でも大事なポイントになるので、抑えておきたいところです。

 

f:id:GrandWazir:20190925091047p:plain "サイラス" 息の根を止められる

f:id:GrandWazir:20190925094238p:plain

基礎ステータスの防御力が落ちました

基礎防御が4、レベルごとが0.5も落ちています。

これにより今までよりずっと打たれ弱いチャンピオンになったと思います。

また、固有スキルの範囲ダメージが減りました

対象の相手には今までよりもわずかに多いダメージが入りますが、周りのチャンピオンにはダメージがガクッと減ります

これにより戦闘での存在感は減ると思います。

 

サイラスは、セジュアニ同様プロ向けにキツめのナーフを受ける運命にあるチャンピオンでした。前回もなかなかナーフされましたが、今回のナーフで息の根を止められた感じがします

前回パッチ時点で勝率はかなり低かったのですが、チャンピオンパワーはまだ持っていたため、ソロQのピック率は依然高いままでした

しかし今回のナーフではもう限界を超えたと思います。さすがにピック率勝率ともにかなり下がってしまうのではないかなと予想します

 

その他の変更点について

触れられなかった変更点を全て下に書き出してコメントしてみます

 

エイトロックス・アカリのパワーが戻される。

 →前回やりすぎと感じていたので妥当。変更内容は納得だけどやってみないと数値の程度はわからなさそう。

アニーのEがCD強化、移動速度もわずかに上昇。

 →前回時点だとちょっと弱そうと思っていたのでなかなか良いバフと感じる。

アッシュの自前スロウが序盤で5%アップ、QがAAタイマーリセット付きに。

 →まあまあうれしいバフだが、大きな変化ではなさそう。

ブリッツのQ射程100増加、Rのスタック2→3に。

 →まあまあうれしいバフ。射程100がどれほどのものか。

グラガスのWが5→6秒、ダメージもちょっと減る。

 →ちょい苦しめのナーフ。

グレイブス基礎値がちょい強化。

 →気にならないレベルのバフ。

ハイマーQの反映率が0.5%上昇、Eのスタン0.25伸びる。

 →けっこう強いバフ。スタン入ったときにダメ上昇と合わせてかなり痛いかも。

カルマQの反映率0.6→0.4に。

 →ソロレーン的に辛いナーフ。終盤は本当にダメ足りなくなりそう。

モルデカイザーWのシールドが与ダメの30%→35%に。

 →微量のバフ。

オリアナRのダメージが50増加、反映率0.7→0.8に。

 →けっこううれしいバフ。使用率上がりそう。

パンテオン基礎魔法防御が4下がる、強化Wの序盤ダメ低下。

 →ミッド運用ではキツめのナーフかも。でもそこまでチャンプパワーは減らなさそう。

レクサイ基礎物理防御が3増加、Qがタワーに入るように。

 →うれしいバフ。タワー折り速いのはうれしいがジャングラーなのでまずまず。

リヴェンQのCD1秒増加、EのCD2秒低下。

 →Qは痛いけど、Eはかなりうれしいのでは。総合的にはバフ目かなと感じる。

サイオンWのシールド量20増加。

 →うれしいバフ。序盤の耐えやすさが上がったと感じる。

タムケンチEの回復量固定75%から30%~100%へ。

 →プロ向けにどんどん弱体化していると感じる。序盤の弱さがすさまじい。

フェイトE攻撃速度10%増加、ダメージ10増加。

 →うれしいバフ。攻撃速度は序盤で生きそう。

ヴェインRのダメが5,10,15増加。

 →まあまあうれしいバフ。終盤でのパワーが増加すると思う。

ベイガーEのクールダウンが最終2秒低下。

 →うれしいバフ。ぜひ使いたい。

シンジャオPのダメージがちょっと増加、Qが最終ダメ12増加。

 →序盤中盤けっこう強くなったと感じる。パワーあります。

ユーミQのスロウが最大80%から固定20%へ、低減無しの1.5秒→1秒へ。

 →かなり辛いナーフな気がする。最大80%から20%は見た目の数字はかなり大きいが、低減無し1秒の変更がどれだけ響くか。

ザックRのパッシブでスライムが最大体力の1,2,3%を回復するように。

 →タンクとしてはかなりうれしい回復量になる。しっかりスライム拾う意識をするのが重要になりそう。

 

 

⑥新スキン6点!「王者ライズ」

新スキンは「ヘクステックアムム」、「崇高の女帝モルガナ」、「壮麗の杖ナミ」、「王者ライズ」、「勇猛の剣リヴェン」、「勇猛の剣リヴェンプレステージエディション」

f:id:GrandWazir:20190925095739j:plain

f:id:GrandWazir:20190925095758j:plain

f:id:GrandWazir:20190925095817j:plain

f:id:GrandWazir:20190925095831j:plain

f:id:GrandWazir:20190925095849j:plain

f:id:GrandWazir:20190925095907j:plain

 

総評:今回も気になる変更が盛りだくさんでした。プロシーンで強いチャンプを軒並み落とし、存在感が薄めのチャンプを全体的にフォローした印象です。

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。

 

【初心者向け5分解説】「ジンクス」ってどんなチャンプ?

初心者向け:5分程度で読める簡単解説

「ジンクス」

f:id:GrandWazir:20190901131810j:plain

適正レーン → ADC

f:id:GrandWazir:20190901131942p:plain
初心者オススメ度 ★★☆☆☆ (オススメしない

 

ジンクスのスキル動画・詳細

ジンクス(Jinx) - LoLJPWiki

 

性能(どういうタイプ?)

序盤が強い?★★☆☆☆ →終盤が強い!序盤はほどほどです

近接タイプ?★☆☆☆☆ →遠くから火力を出す

独りが強い?★★☆☆☆ →集団戦が強い!タイマンは微妙です

 

特性

序盤はまずまずで終盤が強い、オーソドックスなADC

集団戦で敵を一掃する爆発力がある

AAが2種類ある。(射程が長い方と短い方)

この使い分けが慣れないと難しい

Rはどこまでも飛んでいくロケットを飛ばす!

2種類のAAを使い分ける&他のスキル(スネア罠+スロウビーム)も使いこなすのが難しい。

「超エキサイティン!」が発動した際の爆発力が高い

 

 

特徴は以下

①2種類のAA・②超エキサイティン!・③R-スーパーメガデスロケット!

 

特徴①2種類のAA

通常のAA&長射程のロケットボムAA。いつでも切り替えられる。長射程の方はマナを食うので連発できない。

 

 

特徴②超エキサイティン!

敵を倒す&タワーをとると「超エキサイティン!」が発動し、移動速度と攻撃速度が急激に増す。集団戦で一人倒せればドミノ倒しで全員倒してしまう。

 

特徴③R-スーパーメガデスロケット!

ロケットを飛ばす。死にかけの奴ほど大ダメージ。敵に当たるまで、画面の端まで飛んでいく。

f:id:GrandWazir:20190901135417p:plain

 

長射程のAAで遠くからダメージを出せるただ、マナを結構食うので、レーン戦で長射程のAAばかりは使えない。移動スキルがないので、アサシンやタンクは狙っていきたい。

 

対策としては、「超エキサイティン!」が発動すると一掃されるので注意すること。マナの管理ができているかよく見ること。Rのロケットが飛んでくることを忘れないこと。移動スキルがないのでアサシン・タンクは狙いやすい。

 

解説は以上

 

オススメする人

序盤を耐えて終盤気持ちよくなりたい人。ADCでもいろんな攻撃スキルがあるほうが好きな人。難しめなチャンプが好きな人。集団戦で勝ちたい人。

初心者にオススメできないポイント

①通常AAの射程が短いので敵との距離感を保つのが難しい。②多様なスキルを適切に使うことが難しい。③マナの管理が難しい。 ...等

操作自体はそこまで難しくないですが、2種類のAAを適切に切り替えつつ他のスキルもうまく使ってプレイすることが難しいと感じたので、オススメ度を☆2にしています。

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。

【初心者向け5分解説】「ヤスオ」ってどんなチャンプ?

初心者向け:5分程度で読める簡単解説

「ヤスオ」

f:id:GrandWazir:20190901122235j:plain

適正レーン → ミッド (他によくみるのが トップ・ADC)

f:id:GrandWazir:20190901122220p:plain
初心者オススメ度 ★☆☆☆☆ (全くオススメしない

 

ヤスオのスキル動画・詳細

ヤスオ(Yasuo) - LoLJPWiki

 

性能(どういうタイプ?)

序盤が強い?★★☆☆☆ →終盤が強い!序盤は腕と相手しだい

近接タイプ?★★★★☆ →ガンガン前に出ますでも距離感とタイミングは重要

独りが強い?★★★☆☆ →タイマン・集団戦どっちも強い!ただし腕しだい

 

特性

俊敏な超火力ファイター

ただし、やわらかくて扱いがとても難しい

火力が高くて、特に終盤はヤバい

序盤はほどほどだが、腕しだいで相手を倒せる。

育つとタイマンは激つよ

集団戦も強いが、やっぱり腕しだい

とにかくミニオンの上をシュンシュン動く

時々竜巻を起こしてくる

最重要スキルW-風殺の壁とR-鬼哭啾々(きこくしゅうしゅう)

 

 

特徴は以下

①シールド・②W-風殺の壁・③R-鬼哭啾々

 

特徴①シールド

攻撃を1回防ぐ。ヤスオはマナがない代わりにシールドゲージがあり、移動すると溜まる→溜まりきるとシールド準備完了。

f:id:GrandWazir:20190901124042p:plain

 

特徴②W-壁殺の壁

攻撃を防ぐ壁を出す。AAもスキルも何もかもを防ぐ。たとえ誰かのRでも飛んでくるものだったら防ぐ。(たまに防げないものもある)

f:id:GrandWazir:20190901124352p:plain

 

特徴③R-鬼哭啾々

スキルで打ち上げた敵を切り刻む。一度に3人でも5人でも打ち上がれば切り刻める。自分のスキルじゃなくても他人のスキルでもいい。集団戦はコレをいかに決めるかにかかっている。

f:id:GrandWazir:20190901125046p:plain

 

レーン戦はまずまず強い。機動力と壁を活かしてくる。移動スキルはミニオンの上だけなのである程度予測できる。ミニオン間移動は同じ奴に2回できない。Qが2回誰かに当たると次のQが竜巻になる。ガンクに弱い。シールドと壁がなければ基本はめちゃくちゃやわらかい。集団戦は暴れる前に足を止めてタコなぐりにしたい。

 

対策としては、シールドは逐一AAで剥がすこと。ガンクを呼ぶこと。ヤスオの近くで敵の打ち上げる系スキルをくらわないこと。風の壁は1度出したらしばらく出せないのでそこを狙うこと。

 

解説は以上

 

オススメする人

難しいチャンプが好きな人。一人で試合を勝ちに導きたい人。敵を切り刻む快感を知りたい人。終盤で最強になりたい人。

初心者にオススメできないポイント

①スキルの使い方・タイミングがとにかく難しい。②相手のスキルを知った上でタイミングを読んで風の壁を使うことが難しい。③やわらかいためすぐ死にやすい。 ...等

操作もまあまあ難しいですが、どちらかというと使うタイミング等が難しいと思います。簡単に移動スキルが打てるため、前に出すぎてダメージを無駄にくらう状況などが起こりえます。あらゆるチャンピオンの中でもトップクラスのテクニカルチャンピオンと言えるため、オススメ度を☆1にしています。

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。

 

アニーのE(ただの炎シールド)が「重要スキル」にアップグレード! 感想Patch9.18_(2019/9/11)

2019/9/11のパッチ9.18感想まとめ

パッチノート 9.18 | League of Legends

 

今日はにまとめました!以下、簡単に感想

 

f:id:GrandWazir:20190912033858p:plain "アニー" Eで足が速くなる

f:id:GrandWazir:20190912034029p:plain  "エイトロックス" レーン戦のサステイン大幅低下

f:id:GrandWazir:20190912034049p:plain "アカリ" 序盤の「ワンコン力」がかなり弱体化

f:id:GrandWazir:20190912034737p:plain  "エコー" Wのスタンがそこそこの強化

f:id:GrandWazir:20190912034835p:plain "イブリン" Rによる暗殺力が超強化

f:id:GrandWazir:20190912040056p:plain "ティー" 後半、キノコ置きまくれる!

f:id:GrandWazir:20190912040312p:plain "ゾーイ" 序盤のパワーが上昇

⑧新スキン5点!「スターガーディアンニーコ」

 

 

 

f:id:GrandWazir:20190912033858p:plain "アニー" Eで足が速くなる

f:id:GrandWazir:20190912040538p:plain

Eが炎のシールドに加えて、瞬発的に足が速くなるようになりました。

アニーは徒歩勢なのでスキルを当てにいくことが難しいです。機動力確保のためベルトを積んだりプレデターを持ったりすることもあります。フラッシュインスタンは強力無比です。そんな中でEが移動速度アップスキルになったことはとても有効なバフであるといえるでしょう。

逆に、CDが長いためEをスタック溜め用として適当に打つことはできなくなった部分もあります

自分で使うにしても相手にするにしても間合いをはかることが重要なアニーですが、この変更によってかなり攻撃範囲は広がったんじゃないでしょうか。

 

f:id:GrandWazir:20190912034029p:plain  "エイトロックス" レーン戦のサステイン大幅低下

f:id:GrandWazir:20190912044951p:plain

パッシブの回復量がミニオン攻撃時に4分の1+Qのミニオン処理能力が低下

かなりの弱体化です。

エイトロックスのレーン戦はパッシブのAAにより常に回復することが大きな強みだったのですが、それがほぼなくなったような状態です。

また、Qによるミニオン処理が速く、非常に強かったのですが、それも特に後半で大きく低下しました

レーン戦が弱めになり、ミニオン処理が遅いため以前ほど自由に動けなくなりました

ただ、チャンピオンとの殴り合いの面では一切弱体化がありませんので、タイマンは以前どおりの強さですし、集団戦の中での存在感がなくなるということはないでしょう。

チャンピオンとして強くあるべきところを残しつつ、それ以外の強すぎた部分を弱めた形で、個人的にナーフの仕方としては悪くないかなと思います(数値がやりすぎな気がしますが・・・)

そこそこ強烈なナーフであるため勝率は前よりかなり下がると思います

 

f:id:GrandWazir:20190912034049p:plain "アカリ" 序盤の「ワンコン力」がかなり弱体化

f:id:GrandWazir:20190912051003p:plain

Rのダメージとクールダウンが序盤で弱くなりました。

また、0.5秒のスタン効果がなくなりました

Rは高ダメージ+スタン+ブリンクであり、アカリが相手にワンコンを打ち込むときの要のスキルです。それが序盤で弱体化されたことはそのまま序盤のアカリのキル能力が大きく低下することになると思います。

後半においてもスタン効果の有無は大きなナーフとして働くと思います。

以前ほどの序盤のキルプレッシャーがなくなりました

 

f:id:GrandWazir:20190912034737p:plain  "エコー" Wのスタンがそこそこの強化

f:id:GrandWazir:20190912053759p:plain

Wが打ちやすくなり、スタン時間が延びました。

Wは当てたときのリターンが大きく、エコーの技量が試されるスキルです。マナコストがかなり下がったためWを打つ回数が大きく増えると思います

スタン時間も0.5秒とかなり延びたため、以前よりも当てたときのリターンがより大きくなりました

エコー使いにとってはかなりうれしいバフではないでしょうか。今後プレイ率は上がっていくと思います

 

f:id:GrandWazir:20190912034835p:plain "イブリン" Rによる暗殺力が超強化

f:id:GrandWazir:20190912054522p:plain

強化Rのダメージがめちゃくちゃ上がりました。

イブリンのRは体力30%以下のチャンピオンに当てると大幅にダメージが上がります

その強化Rのダメージ幅が今よりも格段に強くなりました

タンクであろうと体力が少ない状態でRをくらうと倒される可能性が非常に高いです

イブリン使いにとって強化Rのマークがついた敵が倒しやすくなるのはかなり使い勝手がよくなったのではないでしょうか

イブリンと対面した際は、死に際のRは確殺力がとても高いことに注意したほうがいいでしょう。

 

f:id:GrandWazir:20190912040056p:plain "ティー" 後半、キノコ置きまくれる!

f:id:GrandWazir:20190912055213p:plain

Rのキノコ数が固定で3つ→レベルに応じて3/4/5になりました!

ティーモと言えばキノコ畑を作って自衛する必要があります。特にリコールしてレーンに戻った際にキノコを置きなおすタイミングでいっぺんに3個までしかおけませんでしたが、後半は最大5個まで置けます

かなり使い勝手が良くなったと言えるでしょう。

 キノコはティーモの主要スキルといって過言ではないので、その数が増えることは純粋に強さが上がると言っていいと思います。

 そのほか、Qのブラインドを受けた際に、受けた側がわかりやすくなるエフェクトが出るなど、細かなアップデートがありました。

 

f:id:GrandWazir:20190912040312p:plain "ゾーイ" 序盤のパワーが上昇

f:id:GrandWazir:20190912061912p:plain

パッシブのダメージがかなり上がりました!

ゾーイのパッシブはスキル発動直後に強化AAが出せるというもので、常にAAをはさみながら戦うゾーイにとってこのスキルが強化されることはダメージ全体の底上げになります

特に序盤のレーン戦でパワーがかなり上がると思います

ポークだけのチャンピオンではなく、AA射程距離で戦うインファイト系チャンピオンであることを念頭において、これまで以上に気をつけながら戦う必要があります

 

⑧新スキン5点!「スターガーディアンニーコ」

新スキンは「スターガーディアンニーコ」、「スターガーディアンニーコプレステージエディション」、「スターガーディアンザヤ」、「スターガーディアンラカン」、「スターガーディアンゾーイ

f:id:GrandWazir:20190912072437j:plain

f:id:GrandWazir:20190912072501j:plain

f:id:GrandWazir:20190912072522j:plain

f:id:GrandWazir:20190912072542j:plain

 

今回のスターガーディアンのトレーラーが以下です。 (個人的にかなり好きな内容)

www.youtube.com

 

総評:気になる変更が盛りだくさんでした。アカリとエイトロのお仕置きがやっときたな!という印象です。スターガーディアンのトレーラーが最高。

 

ここまでで記事は以上になります。

見てくださってありがとうございました。ぐらわずLOL日記でした。